« September 2014 | Main | December 2014 »

Nov 26, 2014

『こぐまのラルフ』販売スタートしました

20141126_americo

Americo10周年記念7"EP『こぐまのラルフ』のレコードショップでの販売がスタートしました!

円盤(東京)
ハイファイ・レコード・ストア(東京)
BASE(東京)
珍庫唄片(西日本のどこか)

Pedal Records通販もあります!

pedalrecords(@)par.odn.ne.jp
(@のカッコを外してください)

までメールをお願いいたします。
折り返し入金先の銀行口座をお知らせいたします。

商品代金¥1,200+送料¥180
合計¥1,380を指定の口座にお振込みください。
(消費税はサービス、振り込み手数料はお客様のご負担となります。)

入金の確認が出来次第、ゆうメールにて商品を発送いたします。

***

写真は去る11/23におこないました『亜米利娘十周年R&R☆PARTY』で会場にいたみなさんと食べたケーキ。オイチカッタ☆

Photo : Yumiko Otani

| | Comments (0)

Nov 21, 2014

『こぐまのラルフ』MVができました

Americo結成10周年記念7"EP『こぐまのラルフ』のMVができました!

撮影 : 鈴木淳哉/編集 : 佐藤彩香/監督 : 大谷由美子

11/23(日・祝)に行います『亜米利娘十周年 R&R☆PARTY』にて初売りです!
レーベル通販もはじまりました→ pedal records

| | Comments (0)

Nov 12, 2014

ラルフについてすこし

20141112_americo

Americo結成10周年の記念に何か形のあるモノを作ろうと思い、去年くらいからいろいろと考えてはいたのですが、ごくごくシンプルに7インチをリリースすることにしました。

プレス枚数も思い切って少なく100枚。

自然環境への配慮(また言ってる)もそうですし、まあ、こういうのは買いたいと思う人が買ってくれれば良いモノですからネ。

収録曲のA面はライヴでは演奏していた『こぐまのラルフ』にすんなり決定。実在のくまのぬいぐるみ「ラルフ」(画像のくまです)をモチーフに作った曲です。

ラルフは台湾に嫁いだおともだちのHちゃんの息子さんがかわいがっているくま。ナントもともとは彼のおとうさん(Hちゃんのご主人)が子供のころにかわいがっていたというのだから、実に息の長いくまなのです!

はじめてラルフを見たときからその愛らしさに心をうばわれてしまったわたし。

ぬいぐるみって不思議なモノで、ただかわいいだけではなく、とても頼りになる(する)存在だったな〜ということを思い出しました。

A面は決まったけどB面はどうしよう、とドラムの大谷さんにナントナク相談すると

「続・ラルフが良いんじゃない?」

とのお返事が!

A面の曲の主人公の子が数年後にラルフと再会する『わたしのラルフ』という曲を作り、B面の収録曲としました。

そしてせっかくの「記念」なので今回はベースも自分で弾いてみてはどうかと思い立ち、お正月にベースを購入。短い期間でしたがベースの練習をして録音にもチャレンジしてしまったのでした。

***

ところで話はすこし変わりますが「ティミー」という黒猫のキャラクターをごぞんじですか?

そう、70〜80年代の日本に50'Sブームを呼んだブティック『クリームソーダ』が生んだキャラクター/ブランドです。

ティミーはもともと実在する黒猫。クリームソーダ/ピンクドラゴンの山崎社長の永遠のあこがれの女性、モデルのヴィヴィアンさんのご実家の猫のことなのだそうです。

このことを知ったのはラルフの曲を作った後だったのですが、山崎さんのエッセンスを自分が受け継いでいるような気がしてとてもうれしかったデス。

山崎眞行さんの発想の元や創作の秘密などが綴られた『宝はいつも足元に』は現在絶版ですが図書館で読むことができますヨ。

Americo結成10周年記念7"アナログEP限定100枚リリース!

Photo : Yumiko Otani

| | Comments (0)

Nov 06, 2014

わたしの独立記念日

20141106_americo


11月6日って何の日だと思います??

答えは人それぞれだと思うのですが、わたしにとっては今日からちょうど10年前にAmericoがはじめてのライヴを行った日なのでした。(きゃー)

で、画像のポストカードがそのライヴのチラシです。撮影は坂田律子さん、デザインは竹田大純さん。今も使っているロゴは竹田くんがつくってくれました。このドレスは高円寺のシルバー洋品店で¥3,500くらいだったかな。

ちなみにその前年の2003年から2004年にかけては当時活動してたバンド(ふたつありました)を相次いで抜けたりやめたり、勤めてた会社がつぶれたり、住んでいたアパートが火災に遭って部屋が全焼したりということがあったので、わたしにとってはAmericoの結成はまさに焼跡からの復興のはじまりという感じだったのでした。(ほえー)

会場は高円寺円盤。自ら企画した「attack service」というイベントの第1回でもありました。共演は永田一直、ボルゾイ、湯浅学。演奏はトップバッターの永田さんがアープをぶん投げてスタート!鳥取から来てくれたボルゾイも、湯浅さんの弾き語りもとても良かったです。

そしてAmerico。

わたしは、やろうと思ったことはほとんどできなかったです。

シルバー洋品店の金色のドレスに汗をびっしょりかきました。

そんなわけで、焼跡からの復興は「一夜にして」というわけには行かなかったのですが、まあ、とにかくはじまったのです。

子供のころにあこがれてた音楽=ロックンロールを演奏するバンドがネ。


***


そして10年後!
亜米利娘十周年 R&R☆PARTYのおしらせ


Photo : Yumiko Otani

| | Comments (0)

« September 2014 | Main | December 2014 »